行政書士&宅建

行政書士と宅建 通信を、間違いなく選ぶ

行政書士と宅建を受ける人たちは、難しい試験に挑むことになりますが、それでも無駄のない勉強法を選んだら、そして特にいい教わり方を選んだら、素人だったとしてもわずか1回の受験で合格できるチャンスがあります。

通信は平均的にいって、他の方法よりも行政書士や宅建の受験者に望ましいことは前述しました。
が、行政書士・宅建の通信教育も今では莫大にあるようです。
ここで、使い心地の悪い通信教育をつかんでしまうわけにはいきませんね。

……現在の通信教育界を見渡して、素人が行政書士・宅建の勉強をするときに特にプラスになるものはどんなものなのか、ざっとですがここで書いていきましょう。

教科書がどのページも見やすくなっている

教科書は、勉強の基本となる本ですね。しかし、通信教育の業者によっては行政書士や宅建の難しい勉強内容を、わかりやすく書いていないことがあります。ただ専門用語や法令を、文書からそのまま抜き書きしたような教科書では素人には読みこなせません。
気が利く通信教育では、行政書士・宅建双方で、教科書に図や表、イラストを多めに挟んでわかりやすくしたり、1色刷りではなくカラフルなページ装丁をしたりして、苦痛を感じずに読み続けられるようにしてくれているものです

過去問に力を入れている

問題集を重視することが大事だと前のほうで述べましたが、基本の講座と別に、問題演習、特に過去問専用の講座をつくっている通信はとても便利です。過去問対策がうまくいくとそれだけで合格は一気に身近なものとなります。

DVDのようなデジタルの教材が観やすく、聴き取りやすくできている

DVDやWebのような、映像を使った教材は、通信教育のかつての弱点であった、「講師と受講者が隔てられている」点を克服しました。映像を再生させれば、教壇の目の前にいる気分で勉強できますね。ただし、ただ学校の講義を生撮りしただけのDVDは、便利さを意識してつくられていないといえます……これでは、余計な会話が挟まってしまいますし、雑音も大量に録音されてしまいます。それに、黒板の文字も手書きですから読めないことが増えますね。受講生のための専用の撮影をしている通信教育のほうが、便利さでは数段上です

試験が近付いてきた頃に、コンパクトな講座を用意して仕上げを助けてくれる

通信教育も学校度同じで、レギュラーのコースは半年かそれ以上の受講期間になっていることが普通です。しかし、試験前になると、よく受験者が足を取られやすい範囲の総点検をする必要が出てきますし、または人によっては不得意科目ができてしまうこともあります。こんなときに特定の科目だけを集中して教えてくれる講座があると重宝します。
気が利く通信教育はそんな講座も必ず用意してくれます

通信教育を初めて使うことになる、行政書士や宅建受験の初心者向けの情報を一通り書きましたが、くれぐれもいい加減な通信教育をつかまないように用心してくださいね。

PAGETOP