行政書士&宅建

行政書士と宅建 年収はいくら見込めるか

行政書士と宅建の噂は、資格を語る場所では(特に最近は)よく話題になっているようですね。
それに影響されて、行政書士と宅建の仕事をしてみたくなる人も多いでしょう。
ところで、行政書士や宅建の資格を手にできたら、肝心の年収についてはどうなるでしょう? 

行政書士も宅建も、現時点での平均的な年収はそれなりに差があります……特に、行政書士は年収はかなり上と下で格差があるはずです。これはそれぞれの仕事の性質によるものです。

行政書士の年収

年収1000万円以上を稼ぐ大物から、年収300万円を下回る零細型まで、本当に大差があります。
実は、行政書士の場合は開業・独立型を選ぶ例が圧倒的に多い資格です。
その事情もあって、年収が安定せず、だんだんこの仕事から脱落していく行政書士が必ず生まれます。ただし、すでに行政書士として活動していない人や、本業ではなく副業的な位置づけて活動している人も統計に入ります。しっかり行政書士として基盤を築いて食べている人たちの年収は、もちろん500万円を平均で超えているとみていいでしょう

宅建の年収

宅建は、行政書士とは対照的に、独立だけでなく社員向きでもある資格で、年収もいきおい安定性があるようです。統計等はこれまでにも多くとられていますがその数値はまちまちです。
……400万円台のこともあれば800万円台のこともあるといった具合ですが、やはり独立している人としていない人の違い、それから宅建登録後の業務年数の違いがあって、統計された年収に数百万円のばらつきが生じるようです。社員や契約社員、あるいは委託等で働く場合は、基本的にその勤務先の賃金システムに従いますから、給与の高い会社に入れば高く安定した年収を見込めます……ただし、不動産仲介業に関する限り、給与が歩合制になる例も多く、この場合は雇われている立場であっても、年収が若くても、1000万円を超えてしまうことも珍しくありません(逆に、少ないと300万円を大きく割る恐れもありますが……)。
もちろん、独立をうまく果たせればやはり高い年収のチャンスはありますし、失敗したときのリスクが大きいことも同様です。

行政書士も宅建も、平均年収としてはつまるところ500万円~700万円といった数字になるでしょうから、大幅な年収上昇の可能性がすごく濃厚なわけではありません。しかしそれも工夫次第ですね。行政書士と宅建は、年収も含めて多くの将来性に満ちた資格であることだけは間違いありません。

PAGETOP