行政書士&宅建

行政書士と宅建 求人の探し方・売り込み

行政書士と宅建は、法律の知識を多量に必要とする国家資格です……この類の資格は、よく「士業」と呼ばれて、事務所を開いているイメージがありますが、それ以外の道もあります。
求人を探して、会社のような組織に入り込んで行政書士ないし宅建の仕事をしてみたいという人たちもいるでしょう。

行政書士と宅建の登録後、求人を探すときはどうやって見つけたらいいのかここで比較しながら話を進めます。

行政書士の求人の状況

行政書士は、他のページにも書いていますが独立向きの資格で、残念ながらあまり「行政書士資格者求む」といった求人が出回ることはありませんでした。
ただし、企業の総務部等に入って働いている例はありますから、その手の部門で求人が出ていたら、行政書士資格にふれていなくても応募して問い合わせていくべきでしょう。
また少し前から行政書士に法人化が認められましたし、既存の行政書士の事務所ほか他の「士業」の事務所で行政書士の求人が出るチャンスはこれから増えるチャンスがあります
求人が出ていなくても周辺の事務所に直接連絡して、行政書士を取らないかと自分を売り込んでいくことも大事になっていきます。

宅建の求人の状況

宅建は、行政書士とはむしろ求人の事情が逆だといえます。宅建はよく知られていますが「不動産の商取引を行う事業者が、必ず事業所内に配置しないといけない」決まりがあります。
それも宅建の有資格者を、「5人に1人」の勘定で配置しないといけないのです。
この決まりがある限り、宅建の求人はいつでもどこでも出続けます
宅建の資格があれば、年齢や性別、学歴や職歴を問わず就業できるチャンスがたっぷりと与えられるのです。……あえていうと、不動産の仲介のような事業所は昔から人の出入りが激しい傾向もあります。成果が出せないといづらくなって辞めるパターンが常識化している例もありますね(辞めても次の求人を探しやすい資格でもありますね。
同じ不動産業界でも、もっと安定した部門に宅建の資格を使って就職することもできますし)。

行政書士と宅建だったら、求人をあてにしやすいのは間違いなく宅建のほうですね。 宅建だったら、求人も常にあるわけですし、「身を守る」という意味では頼もしい資格です。
行政書士の場合は、求人が出そうな企業や事務所を先に探しておくような準備をしておくほうが得策になるでしょう。

PAGETOP