行政書士&宅建

行政書士と宅建 女性に向いている理由

行政書士や宅建の資格を手に入れることがこんなに世間で評判を集めているのはどうしてでしょうか? 
(前のほうのページでも書いていますが)受験資格の制限が今では皆無のために、誰でも受けさせてもらえることも大きく作用していると考えられます。女性の受験が増えているといわれているのも、時代の風潮に目をやれば当然のことですが、行政書士と宅建……女性にはいったいどんなキャリアが待ち受けているでしょうか? 

行政書士も宅建も、今までの歴史を振り返るとやはり男性中心の業界だったことは事実で女性は今でも多数派だとは呼びにくいものがあります。ただし行政書士も宅建も、女性の進出は今後確実に目立っていくだろうと推測されています。他の職業でも女性の進出は同じですが、行政書士と宅建の場合は、女性はどのようにして活躍できそうかをまとめました。

行政書士の場合

行政書士での就職は少なめですが、総務や労務を扱う部署等が舞台となるため、女性も男性と交じって働きやすい土壌があります。また、開業をするにしても女性であることのハンデはまずありません。離婚や相続に関する依頼等は、女性の行政書士のほうがよく受けているというデータもあるくらいです

宅建の場合

不動産業界は今まで女性が目立ちませんでしたが、意外とこの世界は女性の起用に積極的です。 宅建の資格者を求める業者では一定数の人員確保の必要がある以上、男女不問で宅建の資格を評価してくれます……特に不動産仲介の営業等は、完全な実力主義のため男性とまったく同等に働けるチャンスがあります。
独立する場合でもやはりハンデとなる要素はまずありません。

……行政書士と宅建とで、女性が試験に受かってからチャンスが多いことはこれでおわかりになるだろうと思いますが、試験を受ける段階でも目立つ要素があります。
行政書士も宅建も女性の受験者は男性よりも熱心なのではないかという意見もたまにあります。
合格者の性別を調べると、(あくまでも若干の差でしかないのですが)女性のほうが男性より少しだけ合格率が高くなるというデータもあるようです
行政書士や宅建は、若い女性から落ち着いた年齢の女性まで、多くの女性の職歴を切り開いてくれる資格です。女性であることをハンデと思わずに勉強をはじめてほしいものです。

PAGETOP