行政書士&宅建

ダブル取得のありがたみ

行政書士と宅建は、正直に申しまして、ダブルライセンスに非常に適している資格ではないでしょうか? 

「難易度が低いわけではない資格を1種類取るだけでもひと苦労なのに、その上でさらにもう1種類資格を受けるなんてありえない」なんて感じる人もいそうですが、 そんなふうに最初から決めつけてしまわずに、行政書士と宅建をダブルでとったらどうなるのか考えてみましょう。

行政書士と宅建のダブルライセンスがとりわけ役立つのは、独立・開業を目標にするケースでしょう。いきなり自分の事務所を構えるのはだれでも勇気がいることですし、失敗するリスクと隣り合わせになりますが、そんなときに2種類の資格があると業務の幅はだいぶ拡大できます。行政書士と宅建の仕事には重なり合う部分もあるからです。
行政書士がよくやっている業務にはたとえば、農地方関係や宅地造成、都市計画関係……といったように、土地や不動産、あるいは建築・建設といった方面にまたがる業務がよく見られます。複数の資格をとって知識の幅を広げることで、業務の遂行も数倍円滑になるチャンスがあるわけです

行政書士と宅建のダブル受験を実際に目指すとなっても、どちらかに合格していたら、もう片方の勉強もそんなに苦労せずにとんとんと進む可能性がかなりあります。
特に民法は、行政書士でも宅建でもダブルで出てきますし、 学習の進捗も弾みがつきやすいでしょう。
ここでも、やはり通信講座を使って勉強することがおすすめできますね。
特に、行政書士と宅建の両方を開講している通信講座だったら、同じレベルの講座を開いていることが普通です。
行政書士と宅建のダブルライセンスは、通信講座で要領よく勉強すれば2年以内に合格してしまってもまったくおかしくないでしょう(……登録の期間を含めると、実際に行政書士と宅建のダブルの資格が手に入るまでにはもっと長くかかるでしょうが)。

ちなみに、最初から行政書士と宅建のダブルライセンスを狙いたいなら、 受ける順番としては宅建からにしたほうがいいかもしれません(合格率が行政書士より高いため)。
もちろん、勉強をはじめるタイミングも大事ですから、勉強時間が手ごろに取れそうなほうから先にはじめることもまた賢明な考えといえます。

PAGETOP