行政書士&宅建

行政書士の成功例

行政書士の資格がどれくらいすごいのか、行政書士に合格したら仕事や人生や年収はどう変わるのか、成功のサンプルを出したほうがヒントになるのではないかと思います。そこで、4年くらい前に合格して、開業をした人に、受験・合格や開業成功までの流れを思い出していただきました。

「私は、高校を卒業したあとは地元の中小企業に一般職OLとして就職しました。3年目くらいしてから、何か資格でも身につけたほうがいいかなと思って簿記の勉強をはじめたんですけど、飽きっぽい私にはうまくいきませんでした。資格の学校に入ったときは、大丈夫だろうと思ってたんですけどね。だけど、なんとなく途中から休みがちになっちゃって。授業聞いてるだけで満足するようになっちゃったのが間違いの元でした。あとは、一緒に入った仲間とつるみすぎたのもいけませんでした。

 まあ、しばらくしたら仕事のことは考えなくてもよくなりました。付き合ってた彼氏と結婚したんで家庭に入ったんです。彼の転勤について地元を離れて都会に移ったんですけど、それからいろいろあって夫婦仲が破たんしたんです。結局離婚したんですけど、彼が一方的に悪いというわけでもないんで、慰謝料とかをたいしてとれたわけではないんですよね。

 独りに戻ったときはまあホッとした感じもありましたけど、お金もないし実家に迷惑をかけるわけにもいかないしどうしようかと。独身の頃にたいした職歴があったわけでもないですし。資格を取ろうかともう一度思い直したのはそんな理由でした。行政書士なら誰でも受けられるしキャリアが変わるって聞いたのもその頃です。

 でも、簿記で失敗したトラウマもあるし学校に行く気にはなりませんでした。あまりお金もかけられませんしね。学校と同じ講義で勉強できる通信講座の話をその頃偶然聞けたのはラッキーでしたよ。ネットで一部再生してみたら、確かにTV番組みたいによく画面が動いたり、電子黒板でわかりやすく解説してくれたりする講義をやってるんですよ。そこに飛びついたんですけど、8ヶ月くらいの勉強で合格できたのはその講座のおかげでしたね。それまで行政書士のことなんか知らなかったんですから! 

 合格して登録・開業してからは、それまでとは違う苦労はありました。最初はやっぱり依頼なんてこないんですよ。だから、集客につながることは何でもやりました。書士会で知り合った方や、近くの先輩にはどんな仕事でも回してもらうようにアピールしましたし、ネットでも精いっぱいPRしましたし、昔の知り合いにも自分が行政書士になったことを連絡しましたし。

 まあその甲斐あって、1年目でちゃんと350万円くらいは稼ぐことに成功したんです。2年目からは事務所を外に借りてもっと本格的に活動してます。今年は今のままだと、OLだったころより100万円以上高い年収になる見込みなんですよね(笑)、がんばらなくちゃ、満足しないでもっと成功に向けて努力しなくちゃと自分を励ましてます!」

PAGETOP