行政書士&宅建

宅建の成功例

実際に、少し前に宅建に合格し・そこからこの資格を使って成功を手に入れた人の生の体験報告を聞けたほうが、宅建をまだよく知らない人にとっては励まされるのではないでしょうか? というわけで、2年くらい前に合格して、就職した人に、受験・合格や就職成功までの流れを思い出していただきました。

「自分は、いちおう大卒なんですけど、一浪してやっとDランクくらいの私立大学に入っただけなんです。そのころから自分は負け組だと半ば投げやりな気持ちになってました。大学での成績もあまりよくなかったし、大学の間にたいして就活でPRになる経験もできませんでした。資格取ろうとして失敗したし、TOEICも700点に乗るのがやっとだったし。就活は結局ぜんぜんうまくいかなくて、とうとう内定がとれなくて第二新卒になっちゃいました。

 そのあと、フリーターしながらやっと拾ってもらえたと思ったら、その会社やひどいブラックでした。サービス残業だらけで400時間以上働かされるのにパワハラもひどくて。体を壊しそうになってやめたんですけど、それからは就職活動はぜんぜんうまくいきませんでした。やっぱり、やっと入った会社をすぐ辞めてることがネックになっちゃって。

 そんなときに、宅建の資格に巡り合ったんです。親戚のおじさんがこれで転職に成功したよって聞いて。最初はなけなしの貯金をはたいて学校に入るべきかと思ったんですけど、安く通信があると聞いて、妥協してそれにしました。でも終わってみたら妥協じゃなかったですね、それで正解でした。わかりやすくて読みやすいカラフルなテキストだったんでスラスラ読めたし、バイトの合間とかに読んでも眠くなってこないんです。1発で受かれたのはあのわかりやすいテキストが決め手だったかなと思います。あとで、よそのテキストとか見たら、白黒だったり、二色しか使われてなかったりでいまいちでしたもん。

 それから、ハローワークとかいろんなところで、宅建の資格があることを書類とかに書きながら就活したら、2ヶ月くらいで内定もらえましたよ! それも2社からです! 最後にはあっさりと就職に成功ですよ。今は結局、中堅のマンション会社で営業をさせてもらってます。まあ残業になることはたまにやっぱりあるし、怒られることも最初のうちはけっこうありましたけど、資格手当とかもちゃんともらえてるし、宅建のおかげで人生をまともに歩けるようになったなって確信してます!」

PAGETOP