行政書士&宅建

行政書士と宅建 試験の難易度と対策

行政書士と宅建はたくさんの法律に関して、バラエティに富んだ問題が試験で出されることは前のページでよくおわかりになったことかと思います。
そして、(ここも大事な部分ですが)行政書士と宅建の合格を上手に素人が狙おうと思ったら、試験の難易度にも注目するべきです ……行政書士と宅建の試験の難易度(合格率)をここでよくご覧ください。

行政書士の合格率
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成19年 65,157名 5,631名 8.64パーセント
平成20年 63,907名 4,133名 6.47パーセント
平成21年 67,348名 6,095名 9.05パーセント
平成22年 70,586名 4,662名 6.60パーセント
平成23年 66,297名 5,337名 8.05パーセント
平成24年 59,948名 5,508名 9.19パーセント
平成25年 55,436名 5,597名 10.10パーセント
平成26年 48,869名 4,043名 8.27パーセント
平成27年 44,366名 5,820名 13.12パーセント
宅建の合格率
年度 受験者数 合格者数 合格率 合格最低点
平成19年 209,684名 36,203名 17.3パーセント 35点
平成20年 209,415名 33,946名 16.2パーセント 33点
平成21年 195,515名 34,918名 17.9パーセント 33点
平成22年 186,542名 28,311名 15.2パーセント 36点
平成23年 188,572名 30,391名 16.1パーセント 36点
平成24年 191,169名 32,000名 16.7パーセント 33点
平成25年 186,304名 28,470名 15.3パーセント 33点
平成26年 192,029名 33,670名 17.5パーセント 32点
平成27年 194,926名 30,028名 15.4パーセント 31点

行政書士と違い、宅建だけ「合格最低点」という列がありますが、宅建ではこの数値が毎年話題の的になっているため載せています。

どちらの試験も、不合格者が合格者より何倍も多いことが一目瞭然ですね。これを見ると絶望したくなる人も出てきそうですが、それは間違いです。毎年、合格できる段階ではないのに受ける人がおおぜいいますから、しっかり対策すれば行政書士も宅建も難易度は下がります

そして、合格率があまり変わっていない点も注目の的です。これは「お上の意向」と見るべきで、「行政書士も宅建も難易度を変えたくない」「合格者数を保ちたい」という意識の結果です。
試験の難易度を維持するため、(以後のページで説明します)行政書士も宅建も極端に問題の特徴が変わることは少なく、受験者に合格のための研究や対策を講じる機会が与えられています
この点をうまく突くことで、素人でも行政書士・宅建の難易度を乗り越える道が開けるのです。

これが、一大目標となります。これを上手く達成するにはどうしたらいいか? ……それを体得することを意識しながら、以後のページを読んでください。

PAGETOP