行政書士&宅建

行政書士と宅建 通信教育の発達ぶり

行政書士と宅建の資格を素人が挑戦するときは、誰かに教えてもらいながら勉強に励むほうが何かと助かるものです。独学が絶対に不可能とはいいきれませんが、その資格を実際に持っていて働いている人たちがいるところで学べたら、独学にはない特典が無限に期待できるものです。

ただ、学校には通えない人たちがいるのが現状です……しかし学校しか教わる方法がない時代ではありませんね。通信教育では学校に負けないくらい多数の業者が、行政書士や宅建の講座を開設しています

せっかくですから通信教育の長所や短所も洗い出してみましょう。

行政書士や宅建の通信教育の長所

  1. 好きな時間に勉強できる点は独学とほとんど変わらない
  2. 学校に通うときほどの高額の料金ではないことが一般的
  3. 教材が進歩してDVDやCD、Web等を使ってわかりやすく勉強できる

行政書士や宅建の通信教育の短所

  1. 教材をやり進めずに、溜め込んでしまうようになると挫折する
  2. (よく選ばないと)高い品物を買ってしまうこともある
  3. 先生への質問や仲間との交流がスムーズにいかないこともある(業者によります)

行政書士と宅建の通信教育も、独学同様に在宅学習が基本ですから、最後には本人の自己管理にかかってきます。しかし、独学とは違ってひとりでも学習しやすくなっていることが今の通信では常識です……教科書や問題集だけではなく、DVDやCDの教材やWeb配信の動画が当たり前のようについていますから、再生するだけで目や耳に講師の講義が飛び込んできます。
端的に書くと、現在の通信教育は、学校と独学の長所を兼備しています……行政書士や宅建の受験勉強を、実は最善の条件でやっていけることになりますね

通信教育の場合、教材のサンプルを気軽に試せるようになっていることも多いですから、よく吟味して選ぶこともできます。何よりも、近年の通信教育では、独学や学校でうまくいかなかった人たちが、あとから乗り換えてくるケースも続々増えているようです
まだどうやって勉強をするか決めていない受験者、それも素人の状態から行政書士ないし宅建を受けようとしている受験者は、一度通信教育を取り寄せてみると、きっといい勉強ができるようになるでしょう。

PAGETOP